必要な時、必要な期間だけレンタル。
レンタルテントハウス

高強度鋼材使用の環境対策用仮囲いテント。
オーバースプレッドカバー®

必要な場所へ、手軽に移動。
レンタル キャスターテント®

商品保管や資材置き場など、様々な倉庫に。
テント倉庫

株式会社サンエープロテント

仮設許可申請レンタルテントハウス

仮設許可申請レンタルテントハウス

仮設許可申請レンタルテントハウスの特長

仮設許可申請レンタルテントハウスは、基礎工事を施し、仮設許可申請に適合したレンタルのテント倉庫です。
間口サイズは、10m、15m、20mの3タイプ、奥行きは1.83mピッチでピッタリな大きさでご利用いただけます。
鉄骨は強靭なトラス構造を基本とし、組立、解体は短期間で行えます。
100m2程で1~2日間、200~300m2程で2~3日間で設置可能です。

特徴
特徴

テント倉庫建築物(平14国交告667号)は、その構造方法により構造計算適合性判定が必要なく、申請時の時間も短縮することができます。
レンタル(賃貸契約)ですので、固定資産上の家屋にはあたらず、経費処理が可能です。
(償却資産としての課税はありますが、レンタル料に含まれています。)

仮設倉庫、仮設店舗、資材置き場など

建替え等のために工事期間中等の短期間を前提とした臨時の建築物として、構造、建築設備などの建築制限の緩和を受けることができます。

W: 20.0 × L: 73.2(m)

W: 20.0 × L: 73.2(m)

テント内部使用状況

テント内部使用状況

W: 20.0 × L: 73.2(m)

W: 20.0 × L: 73.2(m)

基礎配筋状況

基礎配筋状況

W: 10.0 × L: 31.11(m)

W: 10.0 × L: 31.11(m)

鉄骨組立て施工状況

鉄骨組立て施工状況

W: 20.0 × L: 34.77(m)

W: 20.0 × L: 34.77(m)

W: 20.0 × L: 34.77(m)

W: 20.0 × L: 34.77(m)

square_foot 規格サイズ

仮設許可申請をするにあたって

仮設建築物 - 建替えなどのために工事期間中などの短期間を前提とした臨時の建築物構造、建築設備などの建築制限の緩和がうけられます

※簡易なもの、短期間であっても、仮設(一般的に思われている、届出等のいらないもの)とはなりません

固定式/伸縮式レンタルテントハウス

  • 非常災害の場合の応急仮設建築物
  • 災害があった場合に建築する公益上必要な応急仮設建築物
  • 工事施工のための仮設建築物 <現場に設ける事務所、材料置き場など>

仮設許可申請レンタルテントハウス

  • 仮設興行場などの仮設建築物 <仮設興行場、博覧会建築物、仮設店舗など>

特定行政庁は、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認める場合においては、1年以内の期間(建築物の工事を施工するためその工事期間中当該従前の建築物に替えて必要となる仮設店舗その他の仮設建築物については、特定行政庁が当該工事の施工上必要と認める期間)を定めてその建築を許可することができる(建築基準法 第85条5項)

warning 適用除外規定について

お見積りのご相談・製品のお申し込みなど、下記よりお気軽にお問い合わせください。

mail お問合せフォーム

西日本エリア

call0774-65-4060

東日本エリア

call048-737-5567

<< レンタルテントハウス に戻る