必要な時、必要な期間だけレンタル。
レンタルテントハウス

高強度鋼材使用の環境対策用仮囲いテント。
オーバースプレッドカバー®

必要な場所へ、手軽に移動。
レンタル キャスターテント®

商品保管や資材置き場など、様々な倉庫に。
テント倉庫

株式会社サンエープロテント

固定式レンタルテントハウス

固定式レンタルテントハウス
固定式レンタルテントハウス
固定式レンタルテントハウス

間口サイズを豊富に取りそろえおりますので、貴社にピッタリの大きさをお選びいただけます。
また、サンエープロテントのテントハウスは多少の地面の高低差も気にせず、そのまま設営することが可能です。
『アンカー』『クイ』『敷鉄板』『コンクリートウエイト』『山留材』と、豊富な種類の基礎をご用意しておりますので、あらゆる場所に対応できます。

あらゆる場所に対応できる、豊富な種類の基礎

アンカー

スタンダードな工法としてアンカーで固定する方法です。
コンクリート土間の場合は「あと施工アンカー」を使用します。

アンカー
アンカー

クイ

スタンダードな工法としてクイで固定する方法です。
駐車場などのアスファルトや砕石敷きの場合は「鉄杭」を使用します。

クイ
クイ

敷鉄板

敷鉄板の上に柱を設置し、溶接する工法です。

敷鉄板

※参考 1524mm×6096mm×22t 1604kg/枚

敷鉄板

コンクリートウエイト

620kg・350kgの2タイプをご用意しています。
段積みや連結が可能です。
設置には外置きタイプと内置きタイプがあり、外置きタイプは肩口からワイヤーを引張って繋ぎ、内置きタイプは柱にワイヤーで固定して繋ぎます。

コンクリートウエイト
コンクリートウエイト

山留材

肩口からワイヤーを引っ張り、山留材につなぐ方法と山留材を基礎の代わりに設置し、その上に柱を取り付ける方法がございます。
軟弱で凹凸がある接地面でも、容易に設置出来るサンエープロテント独自の工法です。

※参考: H400…200kg/m

山留材 2列タイプ
山留材 2列タイプ
山留材 1列タイプ
山留材 1列タイプ
山留材 基礎タイプ
山留材 基礎タイプ

施工事例の紹介

W: 8.5 × L: 27.45(m)

W: 8.5 × L: 27.45(m)

W: 12.0 × L: 20.13(m)

W: 12.0 × L: 20.13(m)

W: 19.5 × L: 20.13 (m)  積雪1m [敷鉄板]施工状況

W: 19.5 × L: 20.13 (m) 積雪1m [敷鉄板]施工状況

W: 4.0 × L: 1.83(m)5棟

W: 4.0 × L: 1.83(m)5棟

山留材基礎タイプ

山留材基礎タイプ

W: 16.0 × L: 20.13(m)

W: 16.0 × L: 20.13(m)

W: 10.5 × L: 47.58(m)

W: 10.5 × L: 47.58(m)

W: 19.5 × L: 31.11(m)

W: 19.5 × L: 31.11(m)

square_foot 規格サイズ

image 参照図面

warning 適用除外規定について

<< レンタルテントハウス に戻る