伸縮式テント倉庫

伸縮式テント倉庫
倉庫本体がジャバラ状に伸縮することにより、長尺物・重量物など長くて重い資材を保管するのに適したテント倉庫です。
機能性抜群の動く倉庫は屋根材・壁材が膜材だからこそ実現を可能とします。

伸縮式テント倉庫の特長

  1. 全天候型のテントハウスなので、耐候性に優れています。
  2. ジャバラ方式のため、設置時の建て方用地面積が少なくて済みます。
  3. プレハブ構造なので、解体・移設も簡単に行え、工事にかかる期間も短くて済みます。
  4. 上屋が伸縮するので、開口部の狭さや奥行きを気にする必要がありません。
  5. 搬入荷物が少ないときは、縮めた状態で収納できるので、空いたスペースを有効に使えます。

内部空間

サンエープロテント独自の車輪装置により、伸縮移動をスムーズに行なえます。
特許 4041427

外観

連棟式

長尺物や重量物の搬入には、多くの場合フォークリフトで水平移動やクレーンでの吊り下げによる作業が主体となります。
しかし、間口の大きさが限られた開口部の低い位置からのアプローチは非効率というより、非常にタイムロスを生じます。
大スパンでの搬入・搬出・倉庫内作業には、2連棟あるいは3連棟で一体となった伸縮式テント倉庫をご活用ください。

販売テント - Sell

Copyright © SAN-E-PROTENT Co., Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP