環境対策用焼却炉解体用仮囲いテント

環境対策用 焼却炉解体用仮囲いテント
環境対策用 焼却炉解体用仮囲いテント
焼却施設の解体工事におけるダイオキシン類の飛散防止対策としての仮設テントです。
枠組足場にH鋼を取付け、テントの鉄骨を接続します。
側面は側面用養生シートで養生し、屋根部分はテントで囲います。
奥行き3.66mもしくは5.49mを1ブロックとして、下でテントまで取り付けてから、クレーンで設置します。
また、設置場所が遠い場合は、車輪移動式にして、手前に設置後奥へ送って行くことも可能です。

テント設置

地組したテントを大型クレーンで吊り上げ、設置します。

設置場所が遠い場合は、車輪移動式にして、手前に設置後奥へ送って行くことも可能です。

施工写真

規格

呼称 間口 奥行
小型 6m・7m・8.5m 基本5.49m/3.66m × ○ブロック※1
中型 10.5m・12m・14m・16m・18m
大型 19.5m・22.5m・24.5m
特大型 27.5m・30m・35m

※1 ブロック間の隙間は210mm~250mm
※ 間口35m以上はご相談ください。

レンタルテント - Rental

レンタルテントの特徴

コンクリートウェイトレンタル

Copyright © SAN-E-PROTENT Co., Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP