固定式レンタルテントハウス 仮設許可申請対応タイプ

固定式レンタルテントハウス 仮設許可申請対応タイプ
基礎工事を施し、建築基準法にも適合したレンタルテント倉庫です。
長期間のレンタルに最適です。
サイズは間口が5タイプ、奥行きは2.0mxN、有効軒高は4.6mと豊富にございますので、必要な大きさをお選びいただけます。
鉄骨は丈夫なトラス構造を基本とし、組立、解体、移設もわずかな工期で行います。
100m2程で、1~2日間、200~300m2程で、2~3日間で設置可能です。レンタル期間は1ヶ月より承ります。

仮設許可申請対応タイプの特徴

  1. 建替えの間の仮設倉庫、仮設店舗、資材置き場等としてご利用いただけます。
  2. テント製の倉庫ですので、施工、解体の日数がかからず、ご希望のサイズに近いものをお選びいただけます。
  3. 不燃テント仕様(準耐火構造)、天井ガラスクロス(屋根不燃)、積雪タイプ等もオプションとして対応しております。
  4. レンタル(賃貸契約)ですので、固定資産上の家屋にはあたらず、経費処理できます。
    (償却資産としての課税はありますが、レンタル料に含まれております。)
  5. テント倉庫建築物(平14 国交告667号)は、その構造方法により構造計画適合性判定が必要なく、申請時の時間も短縮されます。

テント設置

使用例

建替えなどのために工事期間中などの短期間を前提とした臨時の建築物として、構造、建築設備などの建築制限の緩和がうけられます。

仮設体育館

W:23m×D:36.24m×H4.6m(有効軒高)

規格サイズ

型式 間口(m) 奥行(m) 有効軒高(m) 柱幅(mm)
W0800SPTM-S30 8 2.0×N 4.6m 30
(600N/m2)
W1000SPTM-S30 10
W1200SPTM-S30 12
W1500SPTM-S30 15
W2000SPTM-S30 20

形式について

レンタルテント - Rental

レンタルテントの特徴

コンクリートウェイトレンタル

Copyright © SAN-E-PROTENT Co., Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP